2018年6月3日日曜日

木津川計の一人語り劇場「語る落語」

恋人と一緒に!
夫婦で一緒に! 観てください。

明朝まで楽しみは続く!

6月17日(日)3時開演。
元町通3丁目の神戸凮月堂本店・地階の
ホールへお越しください。

木津川計の一人語り劇場「語る落語」
落語に女のアホは一人も出てきません。なんで?
女偏の漢字には支配階級男性のかくあるべき女性像が・・・。
落語はどの文学にも劣らぬ生活のリアリズムで光る語り芸!
前売 3000円(カーニバル会員前売 2800円)
当日 3500円 ※「語る落語」に因んだ創作和菓子とお茶付
チケット申し込み・090-1914-4907(中島)

2018年5月29日火曜日

河東けいのひとり語り「母~多喜二の母~」6月11日

92歳の、恐らくは日本最高齢の現役俳優、河東けいのライフワーク「母」(原作三浦綾子、脚色ふじたあさや)の次回公演は6月11日(月)14時30分開演。
会場はメガネの三城神戸三宮店コミュニティールーム(そごう新館9階・078-241-1001)。
前売2000円、当日2500円。
チケット予約は神戸芝居カーニバル(090-1914-4907)まで。
なお、次次回は7月21日(土)14時開演、日本キリスト教会西宮中央教会礼拝堂。

2018年5月14日月曜日

河東けい ひとり語り「母~多喜二の母~」5月24日公演

5月24日(木)14時開演(開場は30分前)
会場は、神戸市勤労会館3階 美術室
前売 2500円 当日3000円(先着35名)
主催:神戸芝居カーニバル実行委員会
チケット予約:090-1914-4907(中島)

2018年5月12日土曜日

龍門寺で木津川計の一人語り「語る落語」

5月13日(土)14時開演。
前売2000円(予約は神戸芝居カーニバル・090−1914−4907まで)、当日2500円。
落語が大好きな木津川計が、落語とはどういう芸能なのかを語り、ついで桂米朝十八番から四席を咄します。

2018年4月24日火曜日

河東けいのひとり語り「母~多喜二の母~」5月6月の公演

恐らくは日本では最高齢の現役俳優、河東けいのひとり語り「母~多喜二の母~」(三浦綾子原作、ふじたあさや脚色・演出)の5月、6月の公演をお知らせします。
5月24日(木)14:00~15:30 神戸市勤労会館3階美術室 先着35名限り・2500円(当日3000円)
6月11日(月)14:30~16:00 メガネの三城神戸三宮店 先着50名限り・2000円(当日2500円)
チケット予約は電話(090-1914-4907)またはEメール(jun-ksc@fine.ocn.ne.jp)でおねがいします。
主催:神戸芝居カーニバル実行委員会

2018年3月19日月曜日

岸本達也神戸新聞論説委員をゲストに。

第25回中島淳のアジト談義は4月1日(日)14時から。
ゲストは、神戸新聞1面コラム「正平調」を執筆する論説委員の岸本達也さん。
会場はメガネの三城神戸三宮店コミュニティールーム。
参加費:1000円(予約不要)。
問い合わせは、090−1914−4907(中島)まで。

2018年2月18日日曜日

第24回中島淳のアジト談義

今回のアジト談義のゲストは、日本政治思想史がご専門の冨田宏治関西学院大学教授。

冨田さんが語る「なんと奇妙な日本仏教」。興味津津!
2月24日(土)14時〜16時半
会場:メガネの三城 神戸三宮店コミュニティルーム
参加費:1000円(予約不要)
主催;神戸芝居カーニバル実行委員会(090−1914−4907)