2021年10月17日日曜日

木津川計「「はなれ瞽女おいん」最後の口演は10月24日(日)14時!

神戸市立灘区民ホールでの木津川計大全集(8口演)第5弾は「はなれ瞽女おりん」です。木津川計一人語り劇場、最後の「はなれ瞽女おりん」です!
水上勉原作の映画「はなれ瞽女おりん」(1977年・篠田正浩監督)。
ただ一人心細い旅を続けるなか、出会った一人の男との美しくも切なく悲しい物語を、あの木津川節で語ります。
前売 2500円 当日3000円(yチケット予約は 090-1914-4907 神戸芝居カーニバルまで。)
コロナ感染予防対策をしっかりしながら、換気の良い500名のホールで、200名までで開催します。

2021年9月15日水曜日

市民講座「アフガニスタンからの贈り物」9月29日14時

9.11から20年、この20年間アフガニスタンの農業(ぶどう栽培)支援を続けてきたCODE海外災害援助市民センターの活動を通じて見えるアフガニスタンの現状を、同理事の村井雅清さんに話していただく市民講座。
会場は神戸市勤労会館403号室
(事前予約を含む)先着25名 不織布マスクの着用など感染防止にご協力ください。
参加費1000円、障がい者、高校生以下500円。
主催と予約申し込み 神戸芝居カーニバル実行委員会(090-1914-4907)

2021年9月10日金曜日

これが最後の口演、9月19日木津川計の一人語り「『曽根崎心中』以後」。

企画した「木津川計大全集」(8演目)はコロナ禍のため中止・延期が続き、第一弾「無法松の一生」は627日に、第二弾「王将」は723日に、第三弾「父帰る」は829日に開催しました。延期になりました「瞼の母」「一本刀土俵入」は来年116日に、「私は貝になりたい」は410日になりました。

コロナのために集客は予想以上に厳しいものがあります。

 6月は43名、7月は63名、8月は56名の集客でしたので、3回の口演で60万円を超える赤字です。大変ですが「大全集」はやり切ります。

そんな状況での919日「『曽根崎心中』以後」、1024日「はなれ瞽女おりん」、1127日「語る落語」の三口演です。

木津川計さんは間もなく86歳を迎えます(19351022日生まれ)ので、コロナ感染防止を徹底しながら、それぞれの演目が木津川計の最後の口演と位置付けて取り組みますので、ご来場ください。

チケットの予約は 090-1914-4907(中島)まで。

2021年8月11日水曜日

市民講座「これからの中国経済のゆくえ~コロナ禍と米中対立~」

神戸大学大学院経済学研究科教授の梶谷懐さんによる市民講座です。
梶谷さんの『幸福な監視国家・中国』高口康太との共著、NHK出版親書 2019)は各紙書評などでも取り上げられている注目の中国経済の研究者です。
8月21日(土)14時~16時半
神戸市勤労会館308号室(定員120名のところ先着60名で実施します。)
資料代 1000円  障がい者・18歳以下 500円
参加申し込みは 090-1914-4907・中島まで。

木津川計 最後の「父帰る」口演は8月29日14時。

16作ある木津川計の一人語り劇場。
6月から始まった灘区民ホール大ホールでの「木津川計 大全集」の第3弾は8月29日(日)14時から、菊池寛の小説「父帰る」を読み解く。
前売2500円 当日3000円
今回は予約申し込み(090ー1914-4907 中島)のみでチケットはありません。