2019年3月22日金曜日

2019年これからの「河東けいのひとり語り『母~多喜二の母~』公演

2019年これからの
河東けいひとり語り「母~多喜二の母~」
 ●3月31日(日)14時開演 (先着50名)
会場:ごいっしょに集会所(阪急宝塚南口駅より西へ徒歩5分)
前売2000円(当日2500円) 障害者・高校生以下1500円

●4月13日(土)15時開演 (定員60人)
会場:神戸YWCA会館 チャペル(078-231-6201)
前売2000円(当日2500円) 障がい者・高校生以下1000円

●5月25日(土)14時開演 
会場:明石ファミールハイツ・集会所(明石市川崎町2丁目)
前売2000円  障がい者・高校生以下1500円

●6月 9日(日)15時開演 (先着50名)
会場:メガネの三城神戸三宮店・コミュニティールーム
前売2000円(当日2500円) 障がい者・高校生以下1500円

●6月30日(日)14時30分開演 
会場:神戸学生青年センター(078-821-5878)
前売2000円(当日2500円) 障がい者・高校生以下1500円

お問い合わせ・主催 神戸芝居カーニバル実行委員会
(090-1914-4907)

2019年3月17日日曜日

3月24日のシンポジウム「文化施設は市民とまちを育てられるか」にご参加ください。

現在神戸市が計画している新しい文化ホールをどうすべきかという絞り込んだシンポジウムではありません。
文化施設そのものが必要なのか、どのように活用されるべきなのか、素朴かつ根本的な観点で見つめ直し市民が自律していくためのシンポジウムと位置付けています。
基調講演「みんなの劇場とは」の衛紀生さんが、自身館長と劇場総監督を務められている可児市での実践をどのように語られるか。
シンポジストの清水裕之さん(岡崎市民会館芸術監督)、岡野亜紀子さん(アートマネジメント・フリー)からはどんな発言がされるか、興味津津です。
ご参加いただける場合は、中島(090−1914−4907)までご連絡ください。

2019年2月20日水曜日

Re: 韓国現代史を軸に日韓の現在をとことん語りましょう。

 連絡ありがとうございました。3月3日の日はさまざまな行事が行われます。出来るだけ行けるようにします。    井山

差出人: 中島 淳 <jun-ksc@fine.ocn.ne.jp>
送信日時: 2019年2月15日 10:18
宛先: 神戸芝居カーニバルブログ
件名: 韓国現代史を軸に日韓の現在をとことん語りましょう。
 
日韓両政府の関係はこれまでにない対立関係になっています。
この関係をしっかり分析し、僕たち日本の市民として安倍政権にモノ申す事が必要と思われます。
その意味でも韓国の現代史の理解が不可欠と思います。
日時:3月3日(日)14時〜16時半
会場:メガネの三城 神戸三宮店 コミュニティルーム
参加費:1000円(予約不要)
主催:神戸芝居カーニバル実行委員会(090−1914−4907)

2019年2月15日金曜日

韓国現代史を軸に日韓の現在をとことん語りましょう。

日韓両政府の関係はこれまでにない対立関係になっています。
この関係をしっかり分析し、僕たち日本の市民として安倍政権にモノ申す事が必要と思われます。
その意味でも韓国の現代史の理解が不可欠と思います。
日時:3月3日(日)14時〜16時半
会場:メガネの三城 神戸三宮店 コミュニティルーム
参加費:1000円(予約不要)
主催:神戸芝居カーニバル実行委員会(090−1914−4907)

2019年1月15日火曜日

マルセ太郎を偲ぶ会「文忌2019」は1月20日(日)に開きます。

2001年1月22日に急逝したマルセ太郎の名前を知る人も少なくなったことでしょう。
ましてその一人芸、映画をまるごと語る「スクリーンのない映画館」を舞台で観た人はどれくらいおられるでしょう。
マルセ太郎は優れた文化論、社会批評、幸福論をもつ思考する芸人でありました。
1年に1度、集ってマルセ太郎の人格と芸に触れ、学ぶ、限られた空間が「文忌」です。

※「文忌(もんき)」の命名は、故永六輔さんです。

マルセ太郎を偲ぶ会「文忌2019」
日時:2019.1.20(日)第1部11時開会 第2部14時開会
会場:神戸市勤労会館 405・406号室(078−232−1881) 

10:30 開場
11;00 DVD鑑賞会開演(無料・要事前申し込み80名限り)
 DVD「マルセ太郎のスクリーンのない映画館<息子>」上映
12:50 DVD鑑賞会閉演
      
「文忌」開場(13:30)
     
14:00 「文忌」開会(参加費1000円)
14:10 金竜介さん講演
<金竜介プロフイール>
マルセ太郎の二男。1965年東京に生まれる。
1994年に弁護士となり、現在、台東協同法律事務所に所属。
刑事えん罪事件や外国人の人権問題に取り組む。在日コリアン弁護士協会理事。
15:10 梨花さんトーク「マルセ太郎と中毒患者」
  <梨花プロフィール>
   マルセ太郎の末っ子の長女。
   マルセカンパニーの芝居に俳優として4本に参加。劇作補助も兼ねる。
   2017年春より親子山村留学制度を利用し、奄美大島・加計呂麻島へ居を移す。
16:10 交流
16:40 閉会

17時から マルセ太郎を偲ぶ会(文忌)懇親会(JR三宮駅北東5分「海釣り」078−242−7755)をいたします。定員20名(先着順)。
主催:神戸芝居カーニバル実行委員会090−1914−4907

2018年11月11日日曜日

木津川計の14作目の新作「はなれ瞽女おりん」。11月25日の初演をご期待下さい!

11月の木津川計の一人語り劇場のご案内

木津川計の一人語り劇場、赤穂口演と神戸口演のご案内です。

①11月17日(土)14時開演『語る落語』
  赤穂市文化会館小ホール
  前売1500円(当日2000円)全席自由
②11月25日(日)14時開演 水上勉原作の『はなれ瞽女おりん』(新作・初演)

  凮月堂ホール(神戸元町3丁目)
  前売3000円(当日3500円)
  演目に因んだ凮月堂の創作和菓子とお茶つき・全席自由

予約申し込み先:090-1914-4907(神戸芝居カーニバル・中島)