2023年1月14日土曜日

マルセ太郎から学ぶ「2023文忌」

今年の文忌は、マルセ太郎さんの命日の開催です。
日時:1月22日(日)
   第1部11時開演(開場は30分前)
      マルセ太郎脚本・演出
      マルセカンパニー喜劇「春雷」舞台映像DVD上映 
   第2部14時開演
      金竜介トーク「マルセ太郎の言葉を語り継ぐ」
      梨花秘蔵映像を交えたトーク「マルセ太郎の喜劇論」
会場:神戸市立婦人会館5Fさくら(会館の電話番号078-351-0861)
   湊川神社の西隣。
   最寄り駅:地下鉄「大倉山駅」、「高速神戸駅」(阪急、阪神、山陽       連結)JR神戸駅。
参加費:1000円 (先着100名)
事前予約不要。
主催と問い合わせ:神戸芝居カーニバル実行委員会(090-1914-4907)               

2022年11月29日火曜日

ウクライナの音楽家支援のコンサート

2月24日以来、ウクライナ支援の企画ができないかと有志が神戸在住の音楽家数人と相談した上で生まれた企画です。アンサンブル神戸が定期演奏会にゲストプレイヤーとして招いた在日のウクライナ人クラリネット奏者(当時は九州交響楽団の首席奏者、現在は東京在住で指揮者として活動)タラス・デムチシンさんがこの企画に応じてくれて実現しました。
演奏曲目は、生で聴く機会のほとんどないクラリネット五重奏曲の名曲(モーツァルトとブラームス)です。
日時:12月6日(火)3時開演(4時半閉演)
会場:神戸市立灘区民ホール・大ホール
演奏曲目:モーツァルト クラリネット五重奏曲 イ長調K581 
     ブラームス  クラリネット五重奏曲 ロ短調作品115
料金:一般 3000円(前売・当日とも) 障がい者・大学生以下2000円
招待:ウクライナからの避難民およびその身元引受人(要事前申しこみ)
主催:「ウクライナに音楽を‼」実行委員会(090-1914ー4907)
申込・問い合わせ:090-1914-4907(中島)

コンサートの収益金はリヴィウとキーウの両音楽院に全額寄付し、ウクライナの若い音楽家を支援します。



2022年7月6日水曜日

8月27日(土)14時、最後の劇場公演です。河東けいのひとり語り『母』のすべて。

去る5月4日、兵庫県立ピッコロシアター中ホールに満席(160席)のお客様を迎えて、2年半ぶりにひとり語り「母」を上演することができました。
公演途中でのアクシデントにそなえながらの公演でしたが、96歳の河東けいさんが見事に小林せきを演じ切られました。
「最後になるかも知れない」と取り組んだ舞台でしたが、あまりにも見事な舞台でしたので、97回目の誕生日(11月20日)まえにもう一度舞台を務めていただくことにしました。
文字通り8月27日が最後の劇場公演になります。お見逃しなきようお勧めします。
 日時:8月27日(土)14時開演(開場は30分前)
 開場:兵庫県立ピッコロシアター中ホール(先着160名)
 料金:前売予約 3000円 当日 3500円 障がい者・高校生以下 2500円
 主催:神戸芝居かーにばる実行委員会
 協賛:大阪女優の会

 チケット予約:電話(090-1914-4907)または
                            メール(jyunksc@gmail.com)でお願いします。
 チケットは発行しません。予約受付が160名に達した時点からはキャンセル待ちの受付といたします。ご協力をお願いします。 神戸芝居カーニバル事務局長 中島淳

2022年4月25日月曜日

河東けいひとり語り「母」のすべて。

5月4日14時開演(開場は30分前)。
会場は兵庫県立ピッコロシアター中ホール(180名)。
コロナ禍のため2年10か月ぶりの公演です。
前売3000円 当日3500円 障がい者・高校生以下2500円
主催:神戸芝居カーニバル実行委員会
予約申し込みは、電話(090-1914-4907)
     またはメール(jyunksc@gmail.com)でお願いします。